定時より2時間早く上がれます

定時より2時間早く上がれます

みなさんは、「有休は減らしたくないけど、早く上がりたいっ!」という気持ちを抱いたことはないでしょうか。
弊社では一定の条件を満たすと定時より2時間早く上がれる制度があります。

月2回の遅刻までは許容

本来遅刻は良くないことですが、生活していると不測の事態が起こることもあるので、弊社では月に2回の遅刻までは許容しています。公共交通機関などの遅延はこれに含まれていません。遅刻としてカウントされるのは、「寝坊したぁ」とか「歯が痛いの歯医者に行ってきます!」などで出社時間に遅れてしまうケースを遅刻としてカウントします。ただし、3回目の遅刻は就労規則により半休消化となります。

月2回までの遅刻がある程度許容されているとは言え、やはり遅刻は遅刻。そういったルールをポジティブに解釈したのが、2時間早上がりチケットという新制度。

20時終業だと友達と遊べない!の声

2時間早上がりのチケット企画のアイデアはある若手社員の声でした。

弊社の出勤時間が11時、終業時間は20時です。このため、終業が20時だと平日友達と遊びにいけないという意見を受けて、社内に制度を提案し承諾してもらました。

使用ルールはシンプルに

ルールは6つです。基本的にはチケット使用に関するルールですが、これらは組織で仕事を進めていく上で不可欠なので盛り込みました。どれも当たり前のことですが。

  1. 発券から1ヵ月有効
  2. 有効期限を過ぎた券は使用できません
  3. 有給との組み合わせは出来ません
  4. 当日使用は出来ません
  5. 事前に上長の許可をもらってください
  6. チャットグループに本券をアップしてください

目に見える運用にすることでルールを定着

多くの会社で起きていることですが、社内に新ルールを持ち込むと初期は積極活用されても、すぐに形骸化してしまうことが多いです。そこで考えたのは、ルール運用が目に見える形になるよう制度設計しました。

みなさんの会社でも、こんな面白い社内ルールあるよ!というのがあれば是非教えてくださいね。
Twitterアカウントはこちら!